Book Creator

天の岩戸

by アヒルルル

Cover

Loading...
わんぱくな弟スサノオに我慢できなくなったアマテラスは、天ノ岩戸に身を隠し、世界を闇に陥れた。
アマテラスは「外に出ない限りスサノオにもう我慢する必要はない。」と思った。
神々は悩んでいる。
そこで神々は川辺に集まり、
世界に光を戻す方法について話し合った。
オモイカネは、時間を伝えることを専門としている長鳴鳥を見つけて誘った。
アマテラスの家に連れて行き、朝から晩まで
鳴き続けて、家の外を非常に騒がせた。
それからオモイカネは製錬の神に
まばゆい八咫鏡を作った。
オモイカネはさらにまた、玉神に高原で
高品質の玉を採掘して、絶妙な八尺瓊勾玉を
作るように依頼した。
PrevNext